よくあるご質問

はじめてのお客様のために、弊社に寄せられるよくあるご質問にお答えします。

ラテックってどんな会社?

有限会社ラテックとは、既製品では賄えない特殊な設置方法・設置状況に合わせ、お客様がお求めの製品を1つから制作するオーダーメイドの会社です。
弊社では、テレビ局様やコンサート・イベント会場、展示会場をはじめオフィスや学校、医療関連施設に至るまで幅広い製作実績があります。

このホームページに載っていない製品も製作可能でしょうか?

お手持ちのTVモニターやプロジェクターの規格に合わせたスタンドやフレーム、映像、音楽、照明関連の取り付け金具など、オーダーメイドにて多岐にわたり製作致します。
お気軽にご相談ください。

見積りや打ち合わせに料金はかかりますか?

基本的には頂いておりません。関東近郊以外へお伺いする場合のみご相談させて頂く場合がございます。

製品の価格を教えてほしいのですが。

HP掲載の製品でしたら、名称・型番をお伝え頂ければ担当者より回答させて頂きます。
オーダーメイドをご希望の場合は、詳細を打ち合わせさせて頂いた後、見積りを提出させて頂きます。
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

注文から納品までどのくらいの期間がかかりますか?

簡単なものなら1週間前後~。製作工程の多いもの、大口のご注文などですと1ヵ月~と、製品により異なります。
納期の希望、お急ぎの場合等、ご相談下さいましたら可能な限り対応させて頂きます。
いずれの場合も余裕を持ってご注文頂ければ幸いです。

納品方法はどのような形ですか?遠方でも対応できますか?

ヤマト運輸・西濃運輸など宅配便形式のほか、担当者による直接納品(関東近郊)にお伺いすることもあります。
また、大口のご注文の場合、トラックによるチャーター便での納品となります。
納品方法の詳細は、お打ち合わせの段階でご相談のうえ決定させて頂きたく存じます。
北海道から九州地方まで納品実績がございます。遠方のお客様もご相談ください。

製品の取付・施工はやっていただけますか?

基本的には、弊社では取付・施工は行っておりませんが、設置・取付の説明等が必要な場合にはお伺いさせて頂くことがあります。

手持ちの図面から製作だけしてもらうことは可能でしょうか?

図面データを頂ければ、板金製品、金属加工製品、樹脂製品、アクリル・塩ビ等のカバー製作、アルミ構造材を組み合わせた製品など、お客様のニーズに合わせ製作させていただきます。

製品をレンタルすることはできますか?

弊社では基本的に製品のレンタルはしていませんが、サンプルとして一部製品の貸出しを行うことはあります。
また、レンタル業者様向けの仮設仕様の製品製作は常時行っております。
ラテック製品の特長として、常設・仮設問わず社内で組上げた状態のものを納品させて頂くため、設置が簡単で余計な手間を取らせない仕様となっております。
組立・設置の手間が省けることにより、手間作業時間の短縮・人員の削減などお客様においては大きなメリットに繋がります。

壁一面に大きなテレビモニターを取り付けたいのですが。

コンサート会場などで使用されている巨大モニターのようなものをお考えでしたら、マルチディスプレイ金具により複数のモニターを組み合わせ、一つの大きなテレビ画面のような表現が可能です(マルチスクリーンシステム)。
<例:9面マルチディスプレイ>
常設(据え置き)仕様の多面モニター設備に関しまして、多数の実績がございます。
各施設・会場などの実寸に合わせてオーダーメイド致します。ご相談ください。

プロジェクターを縦向きに投影したいのですが。

弊社設計のポートレート投影フレームでプロジェクターの縦向き投影が可能です。
角度調整・高さ調整機能など、お手持ちのプロジェクターに合わせて設計致します。

オペレート卓やプロジェクター、モニターを置く台の製作は可能でしょうか?

脚部の伸縮が可能なオペ卓や、設置場所に合わせた設計のモニター置台、テーブルなど、お好みのものを製作致します。
<例:特型オペレーション卓>

プロジェクションマッピングに使うプロジェクターの金具製作は可能ですか?

プロジェクションマッピングに必要なプロジェクター架台、映写台、天吊り金具、プロジェクターフレームばかりでなく、調整機構を備えた各種金具等も製作いたします。

デジタルサイネージ用のスタンドや液晶モニターを覆うボックスなどは設計して頂けますか?

デジタルサイネージ用のスタンド、マルチディスプレイ用金具、パンタ式の背面金具等多岐に渡り製作します。
また、アルミ、ステンレス、鉄または樹脂などを用いたボックス及び、モニター液晶部分やLEDを保護するカバーや化粧パネル等も製作可能です。

トラスのラチス部分を躱してプロジェクターを吊ることはできますか?

天吊Tポールを利用してラチスをかわし、プロジェクターフレームを取付ける方法があります。
また、吊り下げたい箇所に応じて特型金具を製作も可能です。
<例:プロジェクターフレーム垂直投射天吊金具>